FC2ブログ

最近劇的に 口腔内の かぶせもの 詰め物事情が

白い歯
ここ2~3年 俗に言う 「白い歯」事情が 変わってきました。

1. 保険診療の使用材料

2.自費の使用材料

1.保険診療の使用材料 
   
   保険は元来 痛みの除去 昨日の回復の ためにあるもので 見た目に関しては その範疇にしないものでした。

  二十年前ぐらいに 保険で前歯 を プラスチックレジンの白い歯で かぶせることが 認められ(内面は金属)

  臼状の小さい歯も すべてプラスチックなら(咬合が強くないなら) 保険診療で できました。

  最近の レアメタルの高沸で 資金的な問題もあり 金属を使用しない 材料が 保険に導入されてきました

 いままで プラスチック だけだった 材料が プラスチックとセラミックのハイブリッドが CAD/CAM という呼び名で

 臼状の小さい歯に 認められるようになりました。 また 両側しっかり噛んでいる 6歳臼歯の片側に 認められるようになりまし  た。

  2自費においては ジルコニア(人工ダイヤ)が 入ってきて かたい 色も安価で まあまあ きれいになる 

   その上に 元来 メタルの上に 焼き付けていたものを 白いtころに焼き付けるので よりきれいにできる など材質の

  向上がありました。 初めは トラブルが出ないか 色とか 破折は とか 様子見の時期がありましたが

  ほぼ その 特性の把握が 終わりましたので

   今まで以上の安全で 自然な歯が 安価で提供できるように なりました。

  詳しく 説明したいところですが 最近 広告規制 などに ネットも入るらしく 

  来院されての 説明が 誤解もなく 無難 かと思います。

コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

確実に確実に

Author:確実に確実に
つくば市で歯科医院を開業しています。口臭外来や がん患者医科歯科連携 つくばピンクリボン の活動もしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ