歯の治療  今昔

江戸の歯科
江戸時代 色々な文化が 華開きました。
歯科おいては 義歯 と 口中医 という 文化が進展しました。

入れ歯し は 今の 技工士と歯科医の中間

口中医は 上位の医師(医療をすべて学んだうえで なれる職)・・・お金持ちあいて

薬売り  ・・・歯科用の薬は ここで!

今は 自費の セラミックの 歯 なども この時代から ありました

陶磁器 ・・入れ歯の歯に採用されてます。

そして かわらけ(土器)屋 は お皿や 陶磁器を扱う集落の 名残りの地名で

私が住んでいる 旧名 でも あります。

もともとは 陶磁器 より 刀鍛冶の職人として 鹿島から呼ばれた人たちが 

敗戦後 うつり すんだ 集落の様です。

コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

確実に確実に

Author:確実に確実に
つくば市で歯科医院を開業しています。口臭外来や がん患者医科歯科連携 つくばピンクリボン の活動もしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ