FC2ブログ

歯科用金属アレルギーと自己申告されても・・・。


ちょくちょく TVでも 歯科用金属が 悪玉のごとく アレルギーの原因みたいな 感じで 特集されることがあります。

もちろん そのような 場合もあります。

掌が 赤くなるとか 顔が赤ら顔になるとか・・・

  原因は 幾つか 考えられますので まずは 検査したほうが いいですね。

まず アレルギー専門の 皮膚科で パッチテストで 歯科金属検査キットがありますので

そちらで 調べてもらいます とても大変ですが3日でなく7日必要です。

血液や髪の毛で検査できますよ という ふれこみのありますが 皮膚科やアレルギー科の学会で 

検査としては適さないとされているようですので (異常になりやすい) パッチテストをお勧めします。

そして 異常があった場合 まず それに 関連する指導を 受けられると思います。
食べ物の プラス マイナス や 生活についても・・・



それでも 良くならない場合 もしくは 異常がなかった場合

 耳鼻科 と 歯科 で見た方がいいと思います。

耳鼻科は 上咽頭や扁桃腺の評価 対応を

歯科は アレルギーとされた 金属 全てを外す必要が あるかないか(ない方が多い)
根尖病巣に起因する 似たような 症状の 掌蹠膿疱症かどうか 治療が必要か

  複合的に 考えて 対応していくことになります。

 その中で やっぱり アレルゲンの可能性の高い 金属を外しましょうとなった時

 それが 口の中に 複数あった時 写真の 機器があった方が より 丁寧な治療が できます。

全部の金属を外さなくても 良い場合が 多々あります。

HPとかで 歯科金属アレルギー対応とか メタルフリーを謳っているところでしたら

置いてあるところが多いかと 思います。

ただ 準備が大変ですので

 また 保険診療では そこまで やる報酬が設定されていませんので

 いきなり その機器で 測定を希望されると

 自費(保険外)診療に なる 可能性が高いです・・・・ほぼ なると思います。

 本来 どの金属から外すか この機械で測定してから が妥当だと思います。

 

歯垢は 染め出さなくてもわかりやすくできます。


光工学が進んだおかげで 昔 真っ赤に歯垢を染めて
歯ブラシ指導を してましたが

これから お出かけする とか の時 こまりました

今は 光を当てると オレンジに 光らせる 方法があります。

まあ その時点で 歯垢が どこにあるか それが どういうことなのか

そこを 理解いただく方が 磨き方より 大切 です。

バス法が・・・ 予防・歯周病学会で 効果があるとは言えないと されてしまいましたね
         だからといって 全否定ではありませんが

        歯ブラシの選択も 基準が
         それを ふまえると 個別に 変わりますから ・・・・

        ヘッドの小さいのを 馬鹿の一つ覚えのように 大人に勧める 歯科医師 歯科衛生士さんは

        もう いないと思いますが

       理を 考えれば    専門職でなくても どれがいいかわかるでしょうし
        結局 本人が しっかり自己チェック ですね。

歯科は なぜ 医科から 分離されたと思いますか。。。


歯科って 医学じゃないの?
江戸時代は 口中医と 入れ歯師 とかあり 口中医のほうは 医を一通り覚えた人が なっていました。
入れ歯しや 薬売り的な人も 今の 歯科に関連することを 行っていました。
入れ歯しは 今の 歯科技工士さんみたいなもんで 義歯を患者さんに合わせ 調整もしていた感じです。
このあたりだと 医の中に 歯科も含まれていたみたいです。

ここから 聞いた話なので (昔の授業や ご高齢の方から)
江戸時代 蘭学から 医科が 進みました 歯科も 始めました

ただ その後 明治になると 医科は主に ドイツから 歯科は ドイツからもアメリカからも 情報を得るようになりました

医科は 眼科 耳鼻科 内科 外科 (産科 整形外科 などは まだ) ありましたが 歯科その中に ありましたが

大学ができたころ 基礎系は 医科歯科同じに学ぶのですが(基礎4年)残り2年では 歯科は 医科と同じようにしては学びきれない 今は基礎2年ですが 技巧も入るし 手技が難しく 当時 虫歯反乱の時代 臨床にでてから では 歯科医師数も足りなかったので 大学出たら即戦力にしておかなければ ならなかった・・・・歯科だけ他の科とは別に切り離された と 聞いています。

うちのジーちゃんも 野口英雄に 少し習ったことになっています。(歯科医師ですが)



カテゴリーに歯科作って記事がなかった!


こんにちは 永田歯科医院です。

歯科医院ですので このブログ作成時 カテゴリー設定で「歯科」作ったのですが 今まで 投稿していませんでした。

ちゃんと 歯科雑誌だけでなく 論文も読んでいます。その論文の設定条件や 学術的裏付けが正しいか どういった場合臨床では意義をなすのかなど 自分で調べています・・・・・・。

  〇 もっともらしく 言われている事も 実際は 歯科医師会も認めているぐらい違っている事や

  〇 基本的 科学的 考察すれば うそ とは言わないが この歯科医師・歯科衛生士勉強しているかしてないか
   分かる方法とか

  〇そういった 事も UPできますが まずは 基本的な事から 雑学程度にUP したいと思います。

プリザーブドフラワー


プリザードフラワー おいてみました。

教室も開催してるとのことです。

2~3年は お手入れ知らずです。

筑波大にて 研修会


「がん患者さんへの口腔ケアのはじめ方」主催 筑波大で 開催されました。40名ぐらい 参加 院内看護師むけ 見たいでした。

今年も!つくばピンクリボンフェスティバル


今年もつくばピンクリボンフェスティバル 開催されます。
乳がんの事 検査は何がいいのかなども 学べます。

東京オーラルマネージメント研究会


東京オーラルマネージメント研究会 に参加しました。

全身疾患と口腔管理 のシステム作り など の 勉強になります。

歯科で注目のテーマ「力」


友人数人と20年前ぐらいに頻繁に勉強会していました。
その時の 仲間です。
今は 歯科衛生士・歯科医師対象に本や講演会で 活躍されています。

つくばピンクリボンフェスティバル実行委員会

tP
ことしも つくばピンクリボンフェスが 母の日に開催されます!

お得な情報 満載です。

正しい知識は 自ら参加しなければ 得られないものです。

プロフィール

確実に確実に

Author:確実に確実に
つくば市で歯科医院を開業しています。口臭外来や がん患者医科歯科連携 つくばピンクリボン の活動もしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ