FC2ブログ

歯科医師の日(5月2日)

永田歯科医院 つくば市
5月2日は 歯科医師の日でした  。。。。。。
1906年(明治39年)5月2日に、歯科医師の身分や業務を規定する「歯科医師法」が公布されたことを記念しています。

当時は ありがたかったかもしれない 制度ですが

改定もあまりされず

今の 医学の進歩 やるべきことが 明治の 制度のままのため 歯科医師を苦しめる 制度にもなってしまっています。

第1回歯科医師記念日の昭和32年5月2日には、東京の椿山荘で式典が執り行われています。

自分たちが結婚式を 上げさせてらった所です。


「痛いからさっさと抜いてほしい」はだめですか!



前のブログに 抜いた方がいいか残した方がいいかの アップしました。


似ていますが 今回は まぁ 抜いた方がいい歯ですが

急性症状で 

イマ  痛みが出ている 

ケースで 患者さんが 痛みからの解放を求め 

抜歯を希望されるケースが たまにあります。


多くの歯科医師は よほどの特例じゃない限りは

当日の抜歯をさけます。

 理由は

 炎症下では 麻酔がかなり効きにくい

 抜いた後 治りが 悪い


 血がとまりにくい

全身疾患がある人だと 腫れやすくなる

等々
患者さんにとって悪条件が 考えられるから
色々考えます。

口腔ケアってなに!


週刊誌やネット・行政の健康案内にも ちょくちょく でてくる

「口腔ケア」って・・・・口の中綺麗にするんだろうな~っと 想像できっると思いますが・・・


正解です!

もともと 歯科の方では TBIとか ブラッシング指導とか 口腔管理という用語を使用していました。

20年ぐらい前

「口腔ケア」という 用語は 当時から ありましたが

歯科の方では あまり使用されていませんでした 

歯科衛生士さんの雑誌にも 登場あまりしていません

脚光を浴びたのは 

がん患者さんのための 医科歯科連携のムーブメントを起こそうとしたとき

医科の 医師・看護師などと 共通言語が 必要で 医科の方では 時たま

この用語が 使われていて また 初めて聞く人も 想像しやすいこともあり

一気に広められました。

ケア・・・・・お手入れ  ですから  治療ではありません

普通は 自分で 

無理なら 誰かに助けてもらって

毎日の事です

専門家が介在するのは 教育(いつ どうやるか なんでか)のときですね

バタバタしてまして。

色々 バタバタしていまして
 
更新が・・・・・・
 
 
とりあえず、近況報告です。
 
昨日は幕張のイベントに行ってきました。。。
マラソン大会もやっていたようですが 
 
 
私は子供とワールドホビーフェアに行きました。(下の子と)
 
3DSの実際ゲームができるとこと ポケモンが人気のようで
 
あと 女の子のは おはスタのバトンのブースが 混んでいましたが
 
あとは 比較的そう混んでもいませんでした。
 
 
それと 上の子が 中学受験で おかげさまで受かりまして・・・
 
受験用の塾とか行かせていなかったので 
 
受かってからがオロオロです。
 
剣道の寒稽古やら スキー合宿いったり
 
あまりプレッシャ―かけなかったのが 良かったのでしょう。
 
そして 一番 バタバタした 原因が「がん医科歯科連携」で
 
 国と歯科医師会で3年後めどに
 
進めているプロジェクトの模範になった 静岡がんセンターの大田先生との 電話です。
 
お話させていただき テンションあがってしまって 電話切った後
 
しばし 放心状態です。
 
前のブログにUPしましたが がん患者さんの治療前に口腔内の処置をしておくと
予後が3倍よくなり(すべての症例ではありません) 当然 入院期間も短くなり
医療費も 安く済む(詳しいく 正確なデータは 静岡がんセンターのHPで)
 
 
いい人でした、 やはり 患者さんのためを 考えた 人のいい感じの 先生でした。
 
先生として素晴らしく 立派なのは もちろんですが 
 
人として素晴らしいから 周りの人がついてきたのでしょう、そして 全国的なプロジェクトになったのだと
 
思いました。
 
講習会の段取りやら 私の方が 不慣れで ご迷惑おかけしているのですが
 
「患者さんのために やらなくてはいけないことは 先送りしない」私達の情熱を組んでいただき
 
色々アドバイスもいただき 感謝です。
 
 
 
 
 
 

予防と治療

虫歯や歯周病の 治療には どういうのがあるのか ご存知でしょうか?
 
予防法には 何が効果的かご存知でしょうか?
(食べたらすぐ磨くとか わけのわからない事は いまさら言いませんが)
 
糖尿病でも 治療しても完治は難しいので いかに 予防するかが重要とされています。
 
歯周病も 同様です。 虫歯は 初期の段階は完治がありますが 一度削れば 長い道のりが待っています。
 
口臭も 予防が大切です。 
 
治療法と 予防法は ダブルものもありますが 基本的に 患者さん自身が理解して 自己管理の中で
行うのが予防です。
 
雑誌やネットで 飛び交う責任なき情報 一概に間違っているとは 言いません。
 
ただ 一般の方では 理解できにくい 誤解しやすい ことが多そうです。
 
多くの歯科医院では 患者さんがどこまで理解しているか、探りを入れて 
それに合わせて 説明をしていくことが 多いと 思います。
歯科医院は なにげに 患者さんの全身状態を見極め また お話のなかから
生活パターンを把握して アドバイスもします。
 
 
・・・・・・・・最近 一般のコンビニとかで口臭グッズを みかけ これが 購入者の役に立つのか?
考えて  予防と治療についても 自身に振り返り 予防法の正しい方法を患者さんに しっかり
伝えよう、伝え忘れのない ようにしようと思いました。

 
プロフィール

確実に確実に

Author:確実に確実に
つくば市で歯科医院を開業しています。口臭外来や がん患者医科歯科連携 つくばピンクリボン の活動もしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ